買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金

我が家の節約術はズバリ「つもり貯金」です!日頃、買おうか迷った末に買うものってものすごく多くないですか?例えば、家に帰ればあるのについつい買ってしまう飲み物やお菓子、100円均一ショップで可愛くてついつい買っちゃう雑貨、こんな服前にも買ったことあるよな?と思いつつ買ってしまう好みの偏った服などなど。

そういうときにはぜひ、買う前に考えてほしいんです。これを買ったつもりで貯金箱にお金を入れてみませんか?

たとえば、もうすぐ家に着くんだけどなんとなく飲みたくなったお茶、自動販売機で買うと160円ですよね。それをぐっと我慢して、買ったつもりで家の貯金箱に160円入れるんです。同じように、衝動買いしてしまいそうなものがあれば「買ったつもり貯金?」と唱えながら貯金箱にお金を入れていってください。日頃節約しているつもりでも、意外と買わなくても済むものを買っちゃっているんです。この方法で、あっという間に数千円貯まります!

私の姉はパートで働く主婦なのですが、いつもパートに行くと喉が渇いてしまってペットボトルのお茶を買うんです。そこでつもり貯金を勧めたところ、毎朝貯金箱にお金を入れてから、お茶を買ったつもりで水筒を準備して出かけるようになったそうです。これだけでも一ヶ月で五千円近くですよね。皆さんもぜひ試してみてください。

どうしても家計簿がつけられないという方へ

節約、と言えばまずは家計簿!と思われる方も多いと思います。

そして、いざ家計簿をつけようとするも続けられない…

私がそうでした。笑

レシートを貼るだけの簡単な家計簿さえ続けられず、

レシートを写メで撮るだけの簡単な家計簿アプリさえも続けられず…本当にどうしたものかと思っていました。

(こんな人は私だけじゃないはず?!)

そんな私が出会ったぴったりの方法がありました。

それは、ポケットアルバムを活用したものです!

いつでも持ち運べるタイプのものがオススメです。

どうするかと言いますと、

まずはポケットアルバムに入るサイズに紙を切ります。

そして、そこにそれぞれ現金で支払う項目を1枚につき1つその項目と月々の値段を書いていきます。

たとえば、食費 1万円 ガソリン代 6000円

といった感じで、それを1枚ずつ書いていきます。

それからその紙をポケットアルバムにいれていき、その項目ごとのお金を先に全額おろしておいてそこに入れておきます。

あとは、支払うときにその項目のファイルからお金を出して支払い、その項目のファイルのところにレシートを入れていくだけです!

そうすると、まずこの項目にはどれくらい必要かがわかりますし、すでに項目ごとにレシートを分けているのでどこが使いすぎたかも見分けやすくなるというわけです!

私は一人暮らしですし、平日は昼ごはん代がかからないので食費項目を5000円とかにしてますが、(結構きつかったので再考中です笑)それぞれのご家庭に合わせた金額でしていくと勝手に管理ができます!

これだけではもちろんありませんが、私自身年収約350万円で1年間で100万円以上貯蓄することができました。(そのお金は全て車のローンの一括返済にまわしましたが。)

ぜひ、一度お試しください!

自治体によって違う子どもの医療費助成制度

小池都知事の政策として新たに東京都で私立の高校の授業料を無料にするという政策が打ち出されました。私立高校の授業料がかからないという事で東京都に引っ越しを考えようという家庭が増えるかもしれません。

子供を育ててみて初めて知ったのが、どこに住むかによってその費用がだいぶ変わってくるという事です。

例えば子どもの医療費ですが、東京の23区では小中学校までは入院や通院のなどの医療費かかりません。さらに都の助成にプラスして各市町村でさらに医療費を助成してくれるところもあります。

千代田区では高校生等医療費助成制度というものがあります。これは子どもが19歳になる年の3月まで医療費を負担してくれる制度です。子どもが高校三年生を終えるまで入院や通院などの医療費がかからないのです。民間の医療保険に入る必要もないので保険料の節約にもなります。財政に余裕がある自治体ならではの制度です。

子供が小さい時には度々風邪を引いたり病気をもらったりして、医療費が結構かかります。さらに大きくなって中高生になると部活動などでの怪我、交通事故の怪我なども多くなります。この子どもの医療費がかからないというのは本当に大きな節約になります。

これから結婚をされて家庭を持つ方、どこに住むか選ぶことが出来る方は是非自分の住みたいと思っている市町村の子育て支援や医療費の助成制度を所得制限あるなしを含めて詳しく調べてみてください。先々の大きな節約になると思います。

鶏肉を活用して食費を節約しています

業務用スーパーに国産の鶏肉が2キロで格安で売っています。私は一ヶ月分のお肉を全て鶏肉に限定して一度に鶏胸肉と鳥モモ肉をそれぞれ2キロずつ購入しています。

たまに豚肉も購入しますが基本的には鶏肉です。

鳥モモ肉は1枚を2分の1にカットしてラップで密着させてジップロックにいれて冷凍保存をしています。

ジップロックに購入日と賞味期限を記載して1ヶ月で使い切るようにしています。

また鶏胸肉は、購入後すぐにフードプロセッサーでひき肉にして、sサイズのジップロックにいれて冷凍保存しています。これも一ヶ月で使い切るようにしています。

もちろんできるだけお肉を買わない方が節約はできますが、お肉をまとめて購入することで毎月の出費がわかりやすくなりますし、料理の幅がかなり広がります。

鳥モモ肉は、オムライスのチキンライスやタンドリーチキンや黒酢あんかけなどをよく作ります。

鳥モモ肉以上に役に立つのが鶏胸肉で作ったひき肉です。

クリスマスにはチキンナゲットを作れたり、冬なのでお鍋に入れる肉団子としてもかなり簡単に作れてしかも美味しいです。

また、ガッパオライスやタコライスなどひき肉を使う料理も鳥挽肉で充分美味しいですし、麻婆豆腐や麻婆春雨が好きなのですがそれもよく作れて便利です。

節約しながら夢にむけて頑張っていく

今、私達家族で大きな夢があります。それは車を購入する事です。車は現在2台あります。普通車と軽自動車です。

これから私達家族にはもう1人増える予定です。その為5人家族になります。今の普通車では全員がゆったりと座る事がなかなか大変になってくる為、ミニバンの購入を考えています。

とりあえず、私は働いていない為旦那が1人で働いて頑張ってくれています。こどもが3人になる為、お金をもっともっと節約していかなくてはなりません。

若いうちはあまり先を考えずにどんどん使っていた方だったのでなかなか節約する癖ができません。

しかし、これを期にこれから頑張っていかないといけません。妻としてはこれ以上好き勝手にお金は使ってはいけないと感じています。

とりあえず、私はとても浪費癖があるのでそれを辞めないといけません。流行に乗りたい一心で洋服をたくさん買ってしまいます。

それを何とかとりあえず辞めようと思います。それから今いる子供にも少し高めの服を買ってしまいます。それもしっかりもう少し安い服を少しずつ購入しようと思います。

食費も削れると思うのでもう少し努力していければいいなと考えています。

夢を実現する為に頑張って節約生活をしていければいいなと思います。

キャッシュバックを受けることが出来る保険

何かあった時のために保険に加入をしている人は多いと思います。

保険にも様々な種類の商品があり、掛け捨てタイプや積立タイプがあります。

積立タイプであれば、貯金にもつながるので助かりますが、その分保険料が少し高めに設定されていることが多いです。

掛け捨てタイプは保険料がリーズナブルという点がメリットです。

しかし月々の支払を行い、保険が必要となることがなかった場合にはお金がもったいないと感じてしまうでしょう。

積立タイプと掛け捨てタイプのメリットを両方兼ね備えている保険もあります。

そういうものに加入をしておくと、貯金にもつながると思います。

何かあった際には保険金が支払われ、何もなく無事に過ごすことが出来た場合にはキャッシュバックを受けることができる。

計画的に貯金をすることが出来ないと言う人の場合には、キャッシュバックのシステムがある保険は助かると思います。

積立タイプのように保険料が高額でもないので、加入もしやすいです。

キャッシュバックも5年に1回など決められた期間で受け取ることが出来るようになっているので、便利なんじゃないかなと思います。

キャッシュバックできたお金の使い道は自由なので、嬉しいんじゃないかなと思います。

節約って、家族全員が意識しないと難しいもの

我が家は毎月の収入が一定ではないため、わりと赤字に陥りがち。

そんなわけで、なるべく節約して貯金に回せるように頑張っていますが、思うようにはいかないものです。

同居している母親が無頓着なので、私がいくら頑張っても焼け石に水。

電気もテレビもつけっぱなしで寝てしまうし、携帯電話での世間話が大好き。やんわりと注意し続けていますが、さっぱり改善されません。いくら私や夫が頑張っても、これでは節約がはかどるはずがありません。

そのため、いまは、思うように貯金ができていない状況です。

毎月定期積立をしていますが、それを払うのがやっと。

その定期積立も、どういうわけか、満期を迎えるころになると大きな出費があったりして、残らないことがほとんど。

我慢したりさせすぎたりしてもストレスが溜まってうまくいかない、というのも経験済みです。

でもあきらめるわけにもいきません。

母親が寝てから、こっそり電気やテレビを消しに行ったり、携帯電話ではなく固定電話を使うように促したりと、地道な努力を続けています。

節約って、家族全員が同じ意識でないと、難しいものなのだな、と改めて実感しています。

いつか全員が意識するようになって、いろいろ節約することができたらいいな、と考えています。

家計簿を使わずに通帳に直接書き込んだり、ネット銀行を使って手数料をゼロにする方法。

家計簿をつけようとしてもなかなか続かない人もいるのではないでしょうか。そこで目をつけたのが通帳です。ATMからカードを用いてお金を引きおろす人もいるかと思いますが、ここでは通帳を極力使いましょう。通帳は記帳の為だけにあるのではありません。通帳には鉛筆やボールペンで書いても、ATM作業に何ら差し支えはありません。

お金を下ろしたらすぐに、何を目的で下ろしたのかを書き留めます。お金を入れた時も同様です。そうやってお金流れを書いていき、把握することで無駄遣いを把握できるようになります。この習慣をつけることで無駄使いを減らせます。

ATMの手数料に関しては、一部無料の銀行があります。とかにネットでもよく取り扱ってますが、ネット銀行がお得です。コンビニをよく利用する方はネット銀行の口座を開設して、使ってみてはどうでしょうか。また、ゆうちょ銀行は、終日引き落としと預け入れが無料なので、手数料がかからずお得です。

特に銀行に設置しているATMでは小銭を1円単位で、引き落としと預け入れができるので、財布の小銭入れに余ったお金の管理が難しければ、ATMに預け入れるのが良いかと思います。

手元に幾ら残っていて、幾らこれから使うのかを把握できるだけでかなりの節約になるはずです。

節約は日々の積み重ねが一番大切

節約術は色々とあり、たくさんの本も出版されていますが、貯蓄に繋がる節約は、日々の小さな積み重ねがとても大切です。

お金がなくなったから、止むを得ず節約をするのではなく、ある程度のゆとりがあるときから、毎日の生活にかかる費用を少しでも節約することが大切だと思います。

そして、節約して浮いたお金は、きちんと分けて貯蓄することも大切です。

節約もただしているだけでは、貯蓄はできません。

そして、お金の流れを1か月のスパンで的確に把握しておくことも大切です。

把握したうえで、削ることができるところを削り、削ることができないところをゆとりをもって確保するようにします。

また、家族で生活している場合は、節約の意識を全員が持っている必要があります。

誰かは節約をして、誰かは使い放題では、全く意味がなく、その家庭の貯蓄はいくら経っても増やすことはできません。

家庭の場合は、家族みんなでゲーム感覚で楽しむくらいの節約方法が良いでしょう。

また、節約ばかりしていると、心が貧しくなったり、惨めな気持ちになったりもするので、

家族で出かけるとか、たまには美味しい物を食べる、もしくは、教育費だけはケチらないとか、自己啓発にはお金を使うなど、使うべきところに使うことも節約には大切です。

私に一番向いている、わざと頑張らない家計簿

我が家は私が43歳、旦那が41歳、子供9歳と2歳の4人家族です。
昨年家を新築しました。
1300万円貯蓄があったので800万の自己資金で2800万円の住宅ローン、3600万円のマイホームを手にすることができました。
だけど35年ローンなので、旦那の退職までに完済したいです。
あと20年余りしかないので、10年後に1000万円繰り上げ返済できるよう年100万円は最低でも貯蓄できるよう頑張っています。
私は一度決め事をすると頑張り過ぎて続かないのでほどほどにしています。
経験上、家計簿をつけだすとキッチリ一円狂わずつけたくなります(笑)もともとズボラな性格なので頑張ってみても疲れて続きません。
なので、すごくゆるい家計簿をつけています。
こんな私が気まぐれで記入するのでテキトーな月もすごく細かい月もありますが、要は年毎にどれだけ貯まったかが分かるだけでよいのです。
また、これも経験上ですが細かい家計簿をつけていると我が家の全財産をいつも把握できている状態で「今のところ順調だし少しぐらいなら使ってもいいか!」なんて気持ちにもなるので(私だけ?)あまり貯蓄には、よくない気がします。
今どれだけ残ってるんだろう…なんて少し不安がある方がドキドキして無駄遣いもできません(笑)私もテレビで見るスーパー主婦の方々みたく細かくガッチリになれたらいいのに…なんて思う日もありますが、ほんと人それぞれ個性があり、コツコツ頑張れる人もいれば、私のように頑張らない家計簿で丁度良い人もいます。
自分はこれでよいと思っていて、のんびりペースが一番効率が良いので満足しています。