食費を節約できるように心がけています

日常の中で、一番節約できるのが食費の部分だと思います。

私の旦那さんは、とてもたくさん食べるので、食費がたくさんかかります。

そこをなんとかしたいと思い、節約できる方法を探しています。

体が大きい家族なので、量を減らすのは満足できず、いけないと思うので、量は減らさずに、食費を抑えたいと思っています。

そこで、お肉の代わりに、豆腐を使って、カサを増して節約をしています。

お肉を300グラム使うところを、半分を豆腐にしています。

毎日、少しずつの節約ですが、これが長く続くと大きな節約になります。

節約になるだけではなく、カロリーも抑えられるので、ダイエットにも、健康にもいいと思います。

また、毎日のメニューは、スーパーに行って安売りしているお肉を買ってからメニューを決めるようにしています。

毎日、もも肉や胸肉など、安い部分を購入して、それに応じてメニューを作ることで節約をするという努力をしています。

食事は、元気の源なので、量を減らすことはできないので、どうすればいいか節約を考えるのは大変ですが、家のためにも頑張っていきたいと思います。

節約をしつつ、パワーをつけられる料理を頑張れるように、これからも節約をしていきたいと思います。

豪華ディナーも、家で作れば節約に

食費を切り詰めて節約したいと思っている人は多いと思いますが、毎日質素な料理だとだんだんストレスが溜まってきます。もやしやチクワをフル活用しながら毎日コツコツ節約しても、「もうやだ!たまには豪華なディナーが食べたい!」と我慢が爆破してしまってはせっかくの努力が水の泡。コツコツ貯めたお金は、一回の外食で使い切ってしまいます。

そんなことにならないように、たまにはお家で豪華ディナーを作ってみてはどうでしょうか。少しくらい奮発しても、外食するよりずっと安くすみますし、特に小さいお子さんがいるご家庭では、周囲を気にせずおしゃれな雰囲気を楽しめますよ。

例えば、ステーキや焼肉。いつもはなかなか手が出ない牛肉ですが、レストランに行くことを考えれば安いもの。付け合わせの野菜を多めにしておしゃれな器に盛り、安いワインやビールもグラスに注げばぐっと本格的な雰囲気になります。

そして、高いと言えば海鮮。スーパーで特売の刺身を買ってきて、卵やキュウリ・そぼろなど子供も喜ぶ具材も用意すれば、家族で手巻き寿司が楽しめます。シーフードミックスでパエリアを作ったりするのも、豪華に見えていいですね。

「家のご飯=地味」とならないように、たまにはプチ奮発して豪華なおうちご飯を演出してみましょう。

鶏肉を活用して食費を節約しています

業務用スーパーに国産の鶏肉が2キロで格安で売っています。私は一ヶ月分のお肉を全て鶏肉に限定して一度に鶏胸肉と鳥モモ肉をそれぞれ2キロずつ購入しています。

たまに豚肉も購入しますが基本的には鶏肉です。

鳥モモ肉は1枚を2分の1にカットしてラップで密着させてジップロックにいれて冷凍保存をしています。

ジップロックに購入日と賞味期限を記載して1ヶ月で使い切るようにしています。

また鶏胸肉は、購入後すぐにフードプロセッサーでひき肉にして、sサイズのジップロックにいれて冷凍保存しています。これも一ヶ月で使い切るようにしています。

もちろんできるだけお肉を買わない方が節約はできますが、お肉をまとめて購入することで毎月の出費がわかりやすくなりますし、料理の幅がかなり広がります。

鳥モモ肉は、オムライスのチキンライスやタンドリーチキンや黒酢あんかけなどをよく作ります。

鳥モモ肉以上に役に立つのが鶏胸肉で作ったひき肉です。

クリスマスにはチキンナゲットを作れたり、冬なのでお鍋に入れる肉団子としてもかなり簡単に作れてしかも美味しいです。

また、ガッパオライスやタコライスなどひき肉を使う料理も鳥挽肉で充分美味しいですし、麻婆豆腐や麻婆春雨が好きなのですがそれもよく作れて便利です。

食費の引き下げ視点・炭水化物の食品を基準

もはやある程度の削減術をしていて結構削れなかった食費ですが、久々に3000円ほど節約することができました。
削ったのは「炭水化物の夕食」だ。
炭水化物の夕食は安いので、切り捨ていても思わず買ってしまう。
しかしダイエットのために炭水化物を制限しているうちに、普通取り除ける炭水化物の夕食を大層買ってしまっていたことに気付いたのです。
例えばデザート。スナック菓子やせんべい連中、クッキーなどおそらく炭水化物ですね。
肥えるし養分として不要な存在ばかりなので、デザートは基盤買わず、お奴は他の夕食でまかなうことにしました。
また、麺類も選り抜きしました。マンションは麺贔屓家事なので各種バリエーションの麺類を買いこんでしまっていましたが、ホビーのために麺類を貰うのをやめました。DLのきくインスタントラーメンとパスタのみ購入することにしたんです。
主食は基盤白米+押麦。パンは短い食パンのみ。休暇にパスタを食べ、忙しかったり体調不良でめしの提供が面倒くさい瞬間のみインスタントラーメン、という感じで炭水化物を加えるようにしそれ以外は全て排除したんです。
そういったところ、結局3000円位節約することができたのでした。
思えば生麺タイプの蕎麦やうどん、焼きそばなんて買ってたら簡単に週間500円以来いってしまう。
デザートも毎日78円の袋菓子を買ったら30日光で2340円。
最適金額になっていたんですね。
炭水化物チック夕食を選り抜きし不要なものを買わないようにすれば、削減にもダイエットにもなり一石二鳥だ。