元銀行員は見た!貯金にお金を捧げる女!

節約はいいことだと思います。必要無いものは買わない。必要以上に持ち物を増やさないで、管理出来る範囲で持つ。上質なものを丁寧に永く使うことは、品性を高めると思います。

ただ、巷で流行る「節約」は、とにかく現金を「ケチる」事に重きを置いている気がします。とにかく安く買う!買う時はポイントがたくさん付く日や、セールの日のみ!安く済ませられるものは安いものを求めてチラシをチェックして遠くのスーパーまでわざわざ移動したりしてとにかく安く抑える!時間や健康という「お金では買えないもの」には重きを置かないんですね。

銀行員をしていた頃、ある定期性商品は書き換えといって一旦解約してから預け直すと少しだけ金利がお得になるものでした。それを狙ってわざわざ「預け換え」を毎月行う女性がいました。年の頃は恐らく当時の私と同じくらいだとおもうのですが、どうもそうは見えませんでした。彼女は少しでも高い金利の定期商品が欲しいあまりに過度の節約をしていたようで、自分の身なりに無頓着だったのです。多分少し良いスキンケアも少しだけオシャレで生地や仕立ての良い服も「無駄遣い」と考えたのかも知れません。

銀行は破綻します。金利は下がる一方だし、物価は日々上がります。今多額の貯金をしていたとしても、数年後同じ貨幣価値があるとは限らないのです。

だから、自分を犠牲にしてまで節約に勤しむよりは多少お金を使って経済を回したほうが良いのになぁと、あの女性のしわくちゃの笑顔を思い出すたびに思うのです。

貯金は先にする?それとも後にする?

皆さんは貯金をどのようにしていますか?

給料が出たら、先に貯金しますか?それとも使わなかったお金を貯金しますか?

今回は私の体験談をもとに、どちらがお金が貯まるかを個人的に結論を出したいと思います。

私は今年6月に入籍し、結婚式を来年に控えているので結婚式費用を貯めるための、貯金をどうしていくか話し合いました。その時に私と夫の貯金方法がまるで正反対だったのでご紹介致します。

私の勤めている会社は財形貯蓄制度がないので、私は毎月給料が振り込まれたら給料日に定額を別口座へ必ず移すとルールを作り、貯金していました。なので給与口座の金額でクレジットカードの引き落としと生活費等のやりくりをしていました。

夫は財形貯蓄をしていますが、それは退職まで引き出すつもりはないそうなのでこれはないものとして考えます。夫は給与口座とクレジットカード引き落とし用の口座2つを持っています。給料が振り込まれると次回のクレジットカードの引き落とし分を別口座に移して、残った給与口座の金額で生活費に使い余った分はそのまま口座にステイ=貯金という方法を取っていました。

結論から言うと、私と夫の貯金額・・・私の方が夫より3倍の金額が貯まっていました。理由は簡単ですね、私は先に定額を別口座に移し無いものとして考えて過ごしているので強制的に定額がどんどん貯まっていくのです。反対に夫は例えば今月お金をあまり使わなくて給与口座にお金が残っていたとしても、次の月にお金を使いすぎたら残高が0円になることだってあるのです。

財形貯蓄の方式が、まず私のやり方と同じなのになぜ夫はこのやり方をやっていたのかは謎です。そして夫にはどちらのやり方でもいいよ、と言われましたが、夫のやり方で貯金が貯まっているのであれば私も別にどちらでもいいかなと思ったのですが、私の方が彼の3倍貯まっていたので有無を言わさず私のやり方で、そして私が管理するようになりました。

貯金はやろうと思わないと貯まらないと思うので、生活に無理が出ない程度の少額でもコツコツ貯めれば貯まっていくので、オススメです!

アメリカで節約生活、上手に貯金を増やす為にやっている事

アメリカ在住の主婦歴6年の30代女性です。

我が家は転勤族で、まだ夢のマイホームを持っていない為、現在出来るだけ頭金を増やす為に貯蓄、節約に励んでいます。

アメリカでは家を購入する時、頭金は家購入額の2割が妥当とされていますが、半分は貯めたいです。

私が専業主婦な為、主人のお給料でやり繰りをしていますが、徹底しているのは先に毎月の貯金額を別の預金口座に移す事です。

これは頭金になるので、絶対に触りません。先取り貯金をする方が確実に貯金は増えます。

また、普段の買い出しは、週末に1度私だけで行きます。

主人、子供を連れて行くと必ずカートに余分な物を入れるので1人で行く方が節約になります。

週末前に冷蔵庫、冷凍庫の中に残っている材料を取り入れて1週間の献立を決めて買い出しに行きます。

クーポンも使用して必要最低限の物だけ購入するので予算内で収まる様にしています。

外食も、こちらはチップが必要なので高くついてしまう為、ハッピーアワーの時間帯やランチの時間に行く様にし、またクーポンを上手に利用し安く済ませています。

普段の生活で節約に一番繋がるのは食費だと思うのですが、こちらでは日本の様に激安スーパーや、タイムセール等が無い為、結構食費はかかってしまうので、いかに上手くアレンジして食事を作るかが鍵だと思います。

金をかけずとも楽しむ時間

貯金を始めてかれこれ2年程になります。最初ゼロから始めた貯金が学生の身分ながら143万まで貯まりました。

時には辛い時期もあったのですが楽しくずっとこうしていたいと思う時期もありました。学校の通学帰宅には基本的に自転車を使い電車かバスでも歩ける所は歩いたりして頑張って暮らしていっていました。

しかし毎日が辛いという訳でなく先ほども言ったように逆に楽しい時間を過ごせたりできたのです。自転車の通学道中は色んな景色がありトラックの渋滞してる横をのどかな農道が広がっていたり橋の上から広大な街の景色や電車など普通にも思えるのですが自転車に乗ってる分見えてきた景色により酔いしれる気がしました。

なので帰りの時間は時間に追いつめられることなく歩きながらその景色を楽しめました。そして寒い時期に入っても自転車に乗って浮いた交通費を自販機のコーンポタージュに使い、それを飲みながらの帰り道は本当に楽しかった記憶があります。

自転車はいざとなれば出費が痛いですが安全運転してればほとんど大丈夫ですし、自動車での移動時間とほぼ変わらずに動けるのがいいと思うのです。

且つバイクみたいにトラックの横を進まなくてはならないという危険もないですし自分のペースで動ける最高の道具だと僕は思います。