我が家の節約術と貯蓄

今回は我が家の節約術と貯蓄について記載します。

まず節約についてです。節約法という大きな言葉は使用できませんが、私は節約とは毎日の小さな積み重ねだと感じています。喉が渇いた際にすぐに自販機でジュースを飲んだり、小腹がすいたらすぐに何かを買って食べたり、外食を多くしてしまうのなどのことを避けることが重要だと感じます。

一日の感覚であれば大した金額ではありませんが、月間、年間を通してみれば多額のお金が出て行っていることになります。このことに気づくことができるのは家計簿をしっかりとつけているからだと思います。その日の支出をしっかりと把握することで必要のない出費をしっかりと抑えることができるのです。

貯蓄に関しても同様のことが言えます。自身の収入と支出をしっかりと理解し、支出が収入を超えることが無いように計画を立てれば自然とお金は貯まっていきます。お金が無くなっていくということは、支出が収入を超えてしまうことで起きてしまうのです。私は節約も大事ですが時にはしっかりとお金を使って遊ぶことも大事だと考えます。

遊ぶためにはしっかりと自分たちの家計状況をしっかりと把握し日常的な無駄を取り除くことで日常的なゆとりが生まれるのではないかと考えます。

買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金

我が家の節約術はズバリ「つもり貯金」です!日頃、買おうか迷った末に買うものってものすごく多くないですか?例えば、家に帰ればあるのについつい買ってしまう飲み物やお菓子、100円均一ショップで可愛くてついつい買っちゃう雑貨、こんな服前にも買ったことあるよな?と思いつつ買ってしまう好みの偏った服などなど。

そういうときにはぜひ、買う前に考えてほしいんです。これを買ったつもりで貯金箱にお金を入れてみませんか?

たとえば、もうすぐ家に着くんだけどなんとなく飲みたくなったお茶、自動販売機で買うと160円ですよね。それをぐっと我慢して、買ったつもりで家の貯金箱に160円入れるんです。同じように、衝動買いしてしまいそうなものがあれば「買ったつもり貯金?」と唱えながら貯金箱にお金を入れていってください。日頃節約しているつもりでも、意外と買わなくても済むものを買っちゃっているんです。この方法で、あっという間に数千円貯まります!

私の姉はパートで働く主婦なのですが、いつもパートに行くと喉が渇いてしまってペットボトルのお茶を買うんです。そこでつもり貯金を勧めたところ、毎朝貯金箱にお金を入れてから、お茶を買ったつもりで水筒を準備して出かけるようになったそうです。これだけでも一ヶ月で五千円近くですよね。皆さんもぜひ試してみてください。

我が家の節約術

我が家で節約しているやり方を紹介します。

まずは、食費から。

当たり前かもしれませんが、当たり前のことが一番の節約になっています。まず、使う食材しか買いません。生物などは、1回分に分けて、全て冷凍してしまいます。買い物のやり方は、メニューなどは決めずに、大体何日分買おうと決めて、スーパーに買い物にいき、その日に安いものを買います。同じ食材で割引になっているものがあれば、それを購入します。帰って小分けして、冷凍したりします。購入した中から、メニューを考えます。大体決めた日数分のメニューを考え、余る食材で、どんなものが出来るか考えて、次の買い物の日に買って帰ったものを合わせてまたメニューを考えたりして、食材を全部使い切るようにしています。

次は、日用品やその他の家に必要なもの。

日用品などは、安いときに買いに行くと、必ずストックを一つ買っておくようにします。何個もストックは置かないので、1つと決めて、定価で買わないようにしています。

その他、子供服や下着なども、シーズンオフに値下がりしたものを買うようにしています。

レジャー費について。

子供を連れて出掛けるときなど、食べ物、飲み物は家から持っていき、お外でお弁当をたべたりします。外食すると、お金はかかるし、にぎやかだと周りの人に迷惑かなと考えるので、外食はしません。

このような形で、当たり前だけど、だらけたら節約にならないというような節約をしています。