少しの節約で大きな効果

子供が二人になり、これから、色々とお金が掛かってきます。毎月の幼稚園代も高いですし、どんどん出費が出ていってしまい貯蓄をする余裕もない状態です。
なんとか、少しでも貯蓄ができればと考え無駄な出費を見直して見ようと考えました。

まずは、消費を少しでも節約しようと考えました。節約ばかりしていてもストレスがたまってしまうので、節約と言うよりも無駄をなくすような方法で考えました。
食料品を買いに定期的にスーパーに行くのですが、必要なもの以外にも買ってることがよくあります。
ちょっと安くなってるからとか見ていて食べたくなったとか、本来買いに行ったものよりも他のものを買っている無駄な行為がありました。

そこで、スーパーに行くのを少なくして、宅配スーパーに変更しました。コープデリと言う宅配スーパーで、週に一回、広告やネットで頼んだものが届きます。
留守でも、キチンと発泡スチロールに梱包されてドライアイスで冷やしてあるので冷凍や生物も安心です。
この、宅配スーパーに変えたことにより、今ではスーパーで無駄に買い物して事が無くなり、月に一万円ほどの食費を削減できてます。
かなり効果的で、重いものも届けてくれるので便利で削減効果もありました。まずは一つの削減に成功しました。

元銀行員は見た!貯金にお金を捧げる女!

節約はいいことだと思います。必要無いものは買わない。必要以上に持ち物を増やさないで、管理出来る範囲で持つ。上質なものを丁寧に永く使うことは、品性を高めると思います。

ただ、巷で流行る「節約」は、とにかく現金を「ケチる」事に重きを置いている気がします。とにかく安く買う!買う時はポイントがたくさん付く日や、セールの日のみ!安く済ませられるものは安いものを求めてチラシをチェックして遠くのスーパーまでわざわざ移動したりしてとにかく安く抑える!時間や健康という「お金では買えないもの」には重きを置かないんですね。

銀行員をしていた頃、ある定期性商品は書き換えといって一旦解約してから預け直すと少しだけ金利がお得になるものでした。それを狙ってわざわざ「預け換え」を毎月行う女性がいました。年の頃は恐らく当時の私と同じくらいだとおもうのですが、どうもそうは見えませんでした。彼女は少しでも高い金利の定期商品が欲しいあまりに過度の節約をしていたようで、自分の身なりに無頓着だったのです。多分少し良いスキンケアも少しだけオシャレで生地や仕立ての良い服も「無駄遣い」と考えたのかも知れません。

銀行は破綻します。金利は下がる一方だし、物価は日々上がります。今多額の貯金をしていたとしても、数年後同じ貨幣価値があるとは限らないのです。

だから、自分を犠牲にしてまで節約に勤しむよりは多少お金を使って経済を回したほうが良いのになぁと、あの女性のしわくちゃの笑顔を思い出すたびに思うのです。

小さな日々の積み重ねで、少しずつでも節約&貯金への道!

出費を抑えて貯金をしよう、収入を増やして貯蓄を貯めようと思う人は多いでしょう。もちろん資産は少ないより、多いほうがいいですよね。将来に向けて安心ですし、急な出費やお買い物にも安心していられます。それでも、日々働いて得られる収入では、生活費で手一杯という人が大半なのではないでしょうか。毎日身を粉にして働く分、身体をいたわったり趣味や息抜きにもお金を使いたいですよね。そうなると、「いざ貯金!」と取り置ける程の予算は難しいでしょう。

満足な生活も日々の楽しみも我慢せず、貯金を進めるにはどうしたら良いか?その問題は、「日々の小さな節約術」が叶えてくれます。大額な貯蓄や劇的な節約は難しくても、小さくても着実な習慣を付けることができます。

例えば「コンビニで飲み物を買わない」。コンビニで買えるジュースや炭酸飲料は、スーパーやディスカウントストアで安く売っています。お休みの日など時間に余裕のあるときに、買いだめしておくのはどうでしょう。

ネット通販なども上手く使えば、格安で配達してもらえることもあります。お茶やコーヒーは、ほんの数分の手間と時間で用意できるでしょう。素材とマイタンブラーを用意しておいて、毎日10分だけ早く起きる努力をすれば、毎日の飲料の出費を大幅に抑えられます。

節約しなければ、貯蓄を進めねばと気負わずとも、小さな心掛けで着実な一歩を進めることができますよ。

楽な気が付いたらしている節約と楽にたまる貯金方法

“節約・・・それは主婦の永遠の課題です。節約というと毎日ケチケチマイナスなイメージですが、考え方を変えればとても楽しいものになりますよ。
まず食費の節約をしなくっちゃと考える人が多いですが、家族のいる人は外食に占める食費の割合が多くなると思います。
週末、土曜日と日曜日のどちらか1日をお弁当を持って外食しない日を作るのです。

ついショッピングモールなどに家族で行って、フードコートで食事、子供はおもちゃコーナーでこれがほしいあれがほしいと喧嘩、、不満に終わり、、、結局お金を使い、不満も出ると思います。
それをピクニックなど屋外での一日にければ子供は喜び、お弁当と飲み物でお金はかからず一石二鳥です。

そうすれば5000円が4回で月に2万円も貯蓄に回せるというわけです。あとは日常の買い物を控えめにすれば貯蓄も自然と増えていきます。
給与口座から自動的に貯蓄口座へ天引きされるシステムにすれば月に決まった金額を貯蓄することができます。うちはこういった感じで年に100万円以上はためています。
給与が出たら決まった金額をおろし、家計簿はそんなに気にせず使っていても自然と貯まります。自分の洋服などはなるべくシーズンのバーゲンで買うようにして定価では求めません。
これからもこういった生活で節約していきましょう!!”

会社員の日々の小さな節約について

私は20代後半の会社員です。まだまだ安定した収入ではないので、日々節約をして生活しています。

そんな節約方法とは、「ご飯はまとめて炊いて冷凍保存」「魚や肉は特売日に買って冷凍保存」「お風呂はシャワー」「電気はこまめに消す」「冷暖房は必要最低限」「外食は月に1回」など小さな事に気をつけています。もともと趣味が貯金をすることなので、節約をすることは苦痛ではありません。目標の貯金額を設定して、その金額以下にならないように生活しています。

そして、ローン支払いは絶対しないようにしています。絶対的な現金主義で、無駄な利息を支払うのが馬鹿馬鹿しいと思ってしまいます。なので、携帯電話も車も一括支払いで購入しました。携帯電話は格安スマホを購入して本体代も安く抑えました。月々の使用料は約1,600円程度で、不便なく生活出来ています。車は新古車の軽自動車を購入しました。車を購入してから6年経ちますが、今でも問題なく走っています。

どんな物を購入するにしても、自分の収入に合った物を買うことが節約になると思っています。ローン支払いをするという時点で、自分の身の丈に合っていない買い物だと思っているので今後もこの考えは変わらないと思います。

どうしても家計簿がつけられないという方へ

節約、と言えばまずは家計簿!と思われる方も多いと思います。

そして、いざ家計簿をつけようとするも続けられない…

私がそうでした。笑

レシートを貼るだけの簡単な家計簿さえ続けられず、

レシートを写メで撮るだけの簡単な家計簿アプリさえも続けられず…本当にどうしたものかと思っていました。

(こんな人は私だけじゃないはず?!)

そんな私が出会ったぴったりの方法がありました。

それは、ポケットアルバムを活用したものです!

いつでも持ち運べるタイプのものがオススメです。

どうするかと言いますと、

まずはポケットアルバムに入るサイズに紙を切ります。

そして、そこにそれぞれ現金で支払う項目を1枚につき1つその項目と月々の値段を書いていきます。

たとえば、食費 1万円 ガソリン代 6000円

といった感じで、それを1枚ずつ書いていきます。

それからその紙をポケットアルバムにいれていき、その項目ごとのお金を先に全額おろしておいてそこに入れておきます。

あとは、支払うときにその項目のファイルからお金を出して支払い、その項目のファイルのところにレシートを入れていくだけです!

そうすると、まずこの項目にはどれくらい必要かがわかりますし、すでに項目ごとにレシートを分けているのでどこが使いすぎたかも見分けやすくなるというわけです!

私は一人暮らしですし、平日は昼ごはん代がかからないので食費項目を5000円とかにしてますが、(結構きつかったので再考中です笑)それぞれのご家庭に合わせた金額でしていくと勝手に管理ができます!

これだけではもちろんありませんが、私自身年収約350万円で1年間で100万円以上貯蓄することができました。(そのお金は全て車のローンの一括返済にまわしましたが。)

ぜひ、一度お試しください!

鶏肉を活用して食費を節約しています

業務用スーパーに国産の鶏肉が2キロで格安で売っています。私は一ヶ月分のお肉を全て鶏肉に限定して一度に鶏胸肉と鳥モモ肉をそれぞれ2キロずつ購入しています。

たまに豚肉も購入しますが基本的には鶏肉です。

鳥モモ肉は1枚を2分の1にカットしてラップで密着させてジップロックにいれて冷凍保存をしています。

ジップロックに購入日と賞味期限を記載して1ヶ月で使い切るようにしています。

また鶏胸肉は、購入後すぐにフードプロセッサーでひき肉にして、sサイズのジップロックにいれて冷凍保存しています。これも一ヶ月で使い切るようにしています。

もちろんできるだけお肉を買わない方が節約はできますが、お肉をまとめて購入することで毎月の出費がわかりやすくなりますし、料理の幅がかなり広がります。

鳥モモ肉は、オムライスのチキンライスやタンドリーチキンや黒酢あんかけなどをよく作ります。

鳥モモ肉以上に役に立つのが鶏胸肉で作ったひき肉です。

クリスマスにはチキンナゲットを作れたり、冬なのでお鍋に入れる肉団子としてもかなり簡単に作れてしかも美味しいです。

また、ガッパオライスやタコライスなどひき肉を使う料理も鳥挽肉で充分美味しいですし、麻婆豆腐や麻婆春雨が好きなのですがそれもよく作れて便利です。

節約しながら夢にむけて頑張っていく

今、私達家族で大きな夢があります。それは車を購入する事です。車は現在2台あります。普通車と軽自動車です。

これから私達家族にはもう1人増える予定です。その為5人家族になります。今の普通車では全員がゆったりと座る事がなかなか大変になってくる為、ミニバンの購入を考えています。

とりあえず、私は働いていない為旦那が1人で働いて頑張ってくれています。こどもが3人になる為、お金をもっともっと節約していかなくてはなりません。

若いうちはあまり先を考えずにどんどん使っていた方だったのでなかなか節約する癖ができません。

しかし、これを期にこれから頑張っていかないといけません。妻としてはこれ以上好き勝手にお金は使ってはいけないと感じています。

とりあえず、私はとても浪費癖があるのでそれを辞めないといけません。流行に乗りたい一心で洋服をたくさん買ってしまいます。

それを何とかとりあえず辞めようと思います。それから今いる子供にも少し高めの服を買ってしまいます。それもしっかりもう少し安い服を少しずつ購入しようと思います。

食費も削れると思うのでもう少し努力していければいいなと考えています。

夢を実現する為に頑張って節約生活をしていければいいなと思います。

節約って、家族全員が意識しないと難しいもの

我が家は毎月の収入が一定ではないため、わりと赤字に陥りがち。

そんなわけで、なるべく節約して貯金に回せるように頑張っていますが、思うようにはいかないものです。

同居している母親が無頓着なので、私がいくら頑張っても焼け石に水。

電気もテレビもつけっぱなしで寝てしまうし、携帯電話での世間話が大好き。やんわりと注意し続けていますが、さっぱり改善されません。いくら私や夫が頑張っても、これでは節約がはかどるはずがありません。

そのため、いまは、思うように貯金ができていない状況です。

毎月定期積立をしていますが、それを払うのがやっと。

その定期積立も、どういうわけか、満期を迎えるころになると大きな出費があったりして、残らないことがほとんど。

我慢したりさせすぎたりしてもストレスが溜まってうまくいかない、というのも経験済みです。

でもあきらめるわけにもいきません。

母親が寝てから、こっそり電気やテレビを消しに行ったり、携帯電話ではなく固定電話を使うように促したりと、地道な努力を続けています。

節約って、家族全員が同じ意識でないと、難しいものなのだな、と改めて実感しています。

いつか全員が意識するようになって、いろいろ節約することができたらいいな、と考えています。

節約は日々の積み重ねが一番大切

節約術は色々とあり、たくさんの本も出版されていますが、貯蓄に繋がる節約は、日々の小さな積み重ねがとても大切です。

お金がなくなったから、止むを得ず節約をするのではなく、ある程度のゆとりがあるときから、毎日の生活にかかる費用を少しでも節約することが大切だと思います。

そして、節約して浮いたお金は、きちんと分けて貯蓄することも大切です。

節約もただしているだけでは、貯蓄はできません。

そして、お金の流れを1か月のスパンで的確に把握しておくことも大切です。

把握したうえで、削ることができるところを削り、削ることができないところをゆとりをもって確保するようにします。

また、家族で生活している場合は、節約の意識を全員が持っている必要があります。

誰かは節約をして、誰かは使い放題では、全く意味がなく、その家庭の貯蓄はいくら経っても増やすことはできません。

家庭の場合は、家族みんなでゲーム感覚で楽しむくらいの節約方法が良いでしょう。

また、節約ばかりしていると、心が貧しくなったり、惨めな気持ちになったりもするので、

家族で出かけるとか、たまには美味しい物を食べる、もしくは、教育費だけはケチらないとか、自己啓発にはお金を使うなど、使うべきところに使うことも節約には大切です。