日々の貯蓄はできなくてもチャンスを見逃さない

昨今、どこに預けても金利は低いし、その上、銀行の手数料やカードローンなどを使うとかなり手数料が取られるし、本当に貯蓄するのは厳しい時代ですよね。しかし、チャンスがあれば見逃さずに貯蓄をしないとと思っているのが常でしょう。

私は日々の生活で少しずつ貯蓄することが難しい状況なので、国債発行時に銀行や証券会社がキャンペーンをしているときに国債を購入し、そのキャンペーンでもらえる現金を貯蓄としています。例えば、100万円を国債購入に充てれば、1万円キャッシュバックなどといったような制度です。普通に銀行でお金を置いたままにしていたとしても年間1000円にも満たない利息がつくくらいなので、それに比べたらこれを活用することは一種の貯蓄につながるのではないでしょうか。もちろん、一定期間は引き出しが不可となる条件がありますが。

また、見落としがちですが、銀行によっては1年に何度か地域限定やある対象者限定などの金利アップキャンペーンやキャッシュバックというようなものを実施していることがあります。私は、少しでも預けられるお金があれば、このタイミングを見逃さないようにしお金を預け入れます。

とにかく、日々の貯蓄はなかなか難しいかもしれませんが、貯蓄先のまめな入れ替えや、まとまって入ってきたお金をキャンペーン利用でうまく生かす、ことが私なりの貯蓄法です。

家計簿を使わずに通帳に直接書き込んだり、ネット銀行を使って手数料をゼロにする方法。

家計簿をつけようとしてもなかなか続かない人もいるのではないでしょうか。そこで目をつけたのが通帳です。ATMからカードを用いてお金を引きおろす人もいるかと思いますが、ここでは通帳を極力使いましょう。通帳は記帳の為だけにあるのではありません。通帳には鉛筆やボールペンで書いても、ATM作業に何ら差し支えはありません。

お金を下ろしたらすぐに、何を目的で下ろしたのかを書き留めます。お金を入れた時も同様です。そうやってお金流れを書いていき、把握することで無駄遣いを把握できるようになります。この習慣をつけることで無駄使いを減らせます。

ATMの手数料に関しては、一部無料の銀行があります。とかにネットでもよく取り扱ってますが、ネット銀行がお得です。コンビニをよく利用する方はネット銀行の口座を開設して、使ってみてはどうでしょうか。また、ゆうちょ銀行は、終日引き落としと預け入れが無料なので、手数料がかからずお得です。

特に銀行に設置しているATMでは小銭を1円単位で、引き落としと預け入れができるので、財布の小銭入れに余ったお金の管理が難しければ、ATMに預け入れるのが良いかと思います。

手元に幾ら残っていて、幾らこれから使うのかを把握できるだけでかなりの節約になるはずです。