節約は日々の積み重ねが一番大切

節約術は色々とあり、たくさんの本も出版されていますが、貯蓄に繋がる節約は、日々の小さな積み重ねがとても大切です。

お金がなくなったから、止むを得ず節約をするのではなく、ある程度のゆとりがあるときから、毎日の生活にかかる費用を少しでも節約することが大切だと思います。

そして、節約して浮いたお金は、きちんと分けて貯蓄することも大切です。

節約もただしているだけでは、貯蓄はできません。

そして、お金の流れを1か月のスパンで的確に把握しておくことも大切です。

把握したうえで、削ることができるところを削り、削ることができないところをゆとりをもって確保するようにします。

また、家族で生活している場合は、節約の意識を全員が持っている必要があります。

誰かは節約をして、誰かは使い放題では、全く意味がなく、その家庭の貯蓄はいくら経っても増やすことはできません。

家庭の場合は、家族みんなでゲーム感覚で楽しむくらいの節約方法が良いでしょう。

また、節約ばかりしていると、心が貧しくなったり、惨めな気持ちになったりもするので、

家族で出かけるとか、たまには美味しい物を食べる、もしくは、教育費だけはケチらないとか、自己啓発にはお金を使うなど、使うべきところに使うことも節約には大切です。