節約はまず出費を見直すことから

節約を始めるには色々なきっかけがあると思います。それは例えば結婚して新生活を始めるとき、引っ越して新しい家に引っ越したとき、子どもが生まれるなど家族が増えた時などがあると思います。このような場合多くが出費が増えることになると思います。例えば共稼ぎになって収入が増えるのであればいいのですが、収入が変わらなければ支出を見直すしかありません。

その時どこを削るのか、どこを残すのかということが、問われることになります。まず食費ですが、これはどうしてもかかる費用ですが、外食を減らすことはもちろん大切ですが、普段の食材の購入でも全般的に安い食品ディスカウントのお店であってもそのお店のすべての商品が安いとは限りません。

自分は日常的にリサーチして一番安い店を見つけておいて、さらにその店の特売日などのサービスデーに購入してポイントも稼ぐとだいぶお得に買い物できます。また、安いときにまとめ買いすることも大切です。そのために少し大きめの冷蔵庫を購入すれば、最初は若干出費が増えますが、省電力化もすすんでいますので元は取れると思います。

また、衣類についてはネット通販の活用が一番効果的だと思います。店舗に行くために交通費やガソリン代もかかりませんし、好きな色やサイズも選べ、ポイントも稼ぐことができます。自分も実店舗で商品を見て目星を付けておいてネットで買うようにしています。節約して月末に浮いたお金の一部で外食に行くことにしています。自分にご褒美を与えることも節約を続ける動機付け

になっていいです。

出費を抑える節約の方法です

お金を節約する方法としては、最近家計に占めるウエートが高くなっている通信費を、セット割りなどやプランの見直しではなく、根本的に必要性まで考えて見直したり、電気代の節約ために照明器具をLEDに替えたり、省エネタイプのエアコンや冷蔵庫に替えるなど、大きな出費を抑える事をまず実行すべきです。

この見直しをすると、後は食費などのケチケチ作戦での節約が一般的になります。しかし、不定期ですが、住宅のメンテに結構な出費もあるはずです。このメンテで自分でできる事はDIYで行い、臨時出費を極力抑える事も節約の1つの方法です。

例えば、壁紙が汚れたり、部分的に剥がれが生じた時に、すぐに業者さんに張替えをお願いするのでなく、自分でメンテに挑戦してみる事です。ホームセンターなどで、壁紙修理用の接着剤と押さえて固着するローラーがセットになったものが市販されており、これで修理すると良いでしょう。また、埃で薄汚れた感じは、アクリルスポンジに水を含ませ、これで拭き掃除をすると結構汚れが落ちます。

節約のために、業者さんに張替えてもらうのを我慢して、壁紙に剥がれが生じているのに放置するのは、考え方ではありますが、快適に暮らすと言う事とのバランスが取れません。しかし、放置するのでなく、DIYでメンテすれば張替えよりは劣るものの、快適に暮らす事と節約のバランスが取れた生活となるのです。

ものを大切に使ったり、DIYで早めにメンテを施し、高額の出費を抑えるのも、れっきとした節約の方法でしょう。