貯蓄の後押し

自身は今結婚してスレスレの中生活していますが、独身時代はそれなりに考えて貯蓄していました。
独身時代と言いましても、おとな生活はたったの2通年。おサラリーが入ると即座に使いきっている自身に、
父兄が、預貯金預貯金を勧めてきました。「そんなことわざわざしなくても自力で貯められる!」と考えていましたが、
しぶしぶ預貯金預貯金を始めました。
おとな年間視線は、月に3万ずつ定期預貯金から引かれ、自動的に預貯金預貯金に入っていきました。
通年46万ですね。2年頃目に入る頃に、今の亭主との婚礼を考え始めたので、
月に5万ずつ預貯金預貯金に入っていくように設定し直してみました。
通年60万。おめでたし、退社しました。おとな生活2年間で106万は蓄えることができました!
蓄えるポイントは、かりに所持金がキツキツになってきたとしても、
預貯金預貯金の通帳に絶対に触らないことです!
婚礼生活がはじまり、2都度のお産を経て、あっという間に収入はなくなってはいきましたが(笑)、
婚礼生活のために!と思って貯めていた収入なので、敢然とテーマは果たせたかなとは思っています。
もう一つ、生命保険に入っていました。ひと月に払う総計が、婚礼生活が始まると手厳しくなったので脱退した時に
大いにお金が戻ってきました。
返ってくるかとか金ですとか、保険会社によるものですので一概には言えませんが、可能ならば、
お金が返ってくる保険がともかくお得ですよね!あとは、生活レベルなども視野に入れて自分にあった保険を選びましょう!
収入はいつでも必要です!貯めていない方も貯めてみてはいかがですか?

安いものより、本当に欲しいものを買って節約

30代主婦です。

私はとにかく安いかどうかが購入する基準で、スーパーや衣料品で、『特売』『値引き』などのうたい文句に弱く、お得だと思ったものを、特にほしいものでなくてもたくさん買ってしまっていました。

家に帰って安くなったお惣菜などの単価の低いものはまだしも、衣料品など、よくみたら安さが気に入っただけで、それほど好みではなく、「どうしてもっと冷静に欲しいかどうか考えなかったんだろう…」と後悔することがしばしば。

結局一度も着ずに箪笥の肥やしになったり、着ても気に入らなくてゴミに出したり、節約のつもりが結局損をしていると思っていたところ、姉に「値段じゃなくて、『自分が今本当に欲しいもの』を買うようにすれば?」とアドバイスされました。

例えば、1000円でそこそこ好みのブーツと、3000円ですごく好きなデザインのブーツがあったら、安いかどうかではなく、どっちが好きか、履きたいかを考えて買うようにすると、好みのものを買えた満足感で、二足も三足も買いたい欲求がしずまるし、高かっただけに買ってから大切に扱って結局一足で長持ちして節約になる、というものです。

私はこの方法で、本当に気に入ったものに囲まれて、買い物に行く回数、使うお金も減り、部屋もすっきりさせることができています。

我が家のお財布事情を教えます!

結婚して2年。私たち夫婦は共働きで、お互い忙しく、外食の多い生活をしていました。財布は別々。家賃や光熱費はお互いに出し合っていましたが、自分の買いたいものは自由に買っていました。家計簿もつけていなかったので、月にどれだけの支出があるのか分かっていませんでした。一番お金が貯まると言われている結婚して夫婦二人の時に出来た貯金はほんのわずか…。そんな私たちでしたが、子どもが産まれたことをきっかけに、「これではまずい」と節約生活を始めました。私たち夫婦が取り組んだことを紹介します。

その①【お小遣い制にする】

月の始めに決まった金額だけを引き落として、財布に入れ、そのお金で1ヶ月過ごすことにしました。お金を引き落とすのは月始めの一回だけです。財布に入っている残金を考えながら使うので自然と無駄な出費が減りました。

その②【通帳の役割を分ける】

主人の通帳を引き落としの通帳にし、私の通帳を現金がの必要な時に自由に出し入れ出来る通帳にしました。主人の通帳からは、家賃や光熱費、携帯代など毎月固定で必要な経費の引き落とし以外手をつけていません。なので残りのお金が自然と貯蓄になっています。

その③【毎月の食費額を決める】

食費に当てる金額を毎月5万円と決め、月の始めに引き落とし、食費専用のお財布に入れています。どれだけ使ったのか目に見えるので、計画的に買い物をすることができます。

その④【買い物は週一回】

週一回、ポイントが10倍になる曜日にまとめ買いをしています。安い食材を買って、買って来た食材から1週間分の献立を立てています。ちょくちょく行くとついつい無駄なものを買ってしまうので、週一回にするだけだ節約になります。うちは、ポイントで月2000円くらい貯まります。

月の支出が把握できるようになって貯金も順調です!