確実に必要なものは定期購入契約をする

毎月必要になってくるものは通販で定期購入をしています。

定期購入にすると割引もされるのでお得に購入をすることができます。

これも節約の1つになると思うのです。

もちろん、不定期な場合には定期購入ではないほうがいいでしょう。

猫を飼っているので、猫に使うものは確実に減ります。

特にトイレの砂はホームセンターで購入をすると高額になってしまうので、安いところを探して定期購入契約にしました。

定期購入をすると10%の割引が適用されるのです。

送料も無料になっているので、損をするようなこともありません。

中には定期購入が損になる、出費が増える原因になってしまうという人もいます。

しかし使うことが分かっているのであれば、定期購入もいいと思います。

それがお得に買い物をするコツになる場合もあります。

全ての定期購入がお得というわけではないので、上手に使い分けることも大事です。

定期購入が得なのか、損なのかという点をしっかりと見極めなければいけません。

この見極めが結構大変だと思います。

納得して購入をするのであればいいと思いますし、いつでも定期購入をストップすることができるのであれば、いいと思います。

定期購入を利用することも節約の1つです。

秋冬の季節の節約生活は賢くしましょう。

今の時代の洗濯機は、ドラム式洗濯乾燥機とか乾燥機機能が付いてる洗濯機が主流ですが、中には全自動洗濯機で乾燥機が付いてない物もありますね。

今回は乾燥機付き洗濯機とそうでない乾燥機機能が付いてない普通の全自動洗濯機のこの時期ならではの節約術を教えます。

まずはドラム式洗濯乾燥機ですが、この場合洗濯から乾燥まで一気にやるので時間が掛かります。

ですので夜中にやるのがいいですね。少なくとも夜23時以降にやりましょう。

なぜなら夜23時以降は電気代が安いので、電気代が安いときに何もしないわけにはいきません。

ですが、夜23時以降なんて生活環境によってはできない人も中にはいるでしょう。

例えば夜早く寝る人なんかは夜の23時以降に洗濯するなんて無理な話です。

そういうときは洗濯機のタイマー機能を利用しましょう。

タイマーをセットしておけばあとは洗濯機が勝手にやってくれます。

そして次に全自動洗濯機の場合ですが、これは洗濯物を干すときの節約術です。

これから暖房を点けることが多くなってきます。

ですので暖房点けてる部屋の天井につっかえ棒を張ってそれに洗濯物を干すとか、暖房効いてる部屋にハンガーでシャツを干すとか何かしらの工夫をして暖房を利用して洗濯物を乾燥させましょう。

上手くやれば少しは節約生活になりますので、これから寒くなり暖房を使う機会がありますので上手く利用しましょう。

豪華ディナーも、家で作れば節約に

食費を切り詰めて節約したいと思っている人は多いと思いますが、毎日質素な料理だとだんだんストレスが溜まってきます。もやしやチクワをフル活用しながら毎日コツコツ節約しても、「もうやだ!たまには豪華なディナーが食べたい!」と我慢が爆破してしまってはせっかくの努力が水の泡。コツコツ貯めたお金は、一回の外食で使い切ってしまいます。

そんなことにならないように、たまにはお家で豪華ディナーを作ってみてはどうでしょうか。少しくらい奮発しても、外食するよりずっと安くすみますし、特に小さいお子さんがいるご家庭では、周囲を気にせずおしゃれな雰囲気を楽しめますよ。

例えば、ステーキや焼肉。いつもはなかなか手が出ない牛肉ですが、レストランに行くことを考えれば安いもの。付け合わせの野菜を多めにしておしゃれな器に盛り、安いワインやビールもグラスに注げばぐっと本格的な雰囲気になります。

そして、高いと言えば海鮮。スーパーで特売の刺身を買ってきて、卵やキュウリ・そぼろなど子供も喜ぶ具材も用意すれば、家族で手巻き寿司が楽しめます。シーフードミックスでパエリアを作ったりするのも、豪華に見えていいですね。

「家のご飯=地味」とならないように、たまにはプチ奮発して豪華なおうちご飯を演出してみましょう。

お金を使わない日光を考える

何とか会社を頑張っても給与は思うように上がってくれないので、日毎のほほんと減額をして蓄えをするようにしていらっしゃる。
ごみも積もれば山野と至る精神で頑張っています。
自分が大切にしているのは収入の用法だ。当たり前ですが収入は使わなければ収まりません。しかし減額ばかりでは宿命の心待ちがないので、自分は取り扱うときは思う存分収入を用い、敢然と心待ち後悔をしないようにしています。
自分が行っている減額で特別便利だったのが、お金を使わない太陽を形づくるというものです。
自分は月曜から金曜まで勤めるのですが、そのウィークデーの3日間お金を使わないようにしています。
ウィークデー自分がお金を使うのは水曜日に淑女ランチタイムを仲間と食べに行くことと、金曜日に飲みに行きだけだ。
ウィークデーは持ち家と会社の往復だけなのでこういう定めもきつく感じません。
お金を使わない太陽は当然真昼飯にお弁当を持参していらっしゃる。そしてマイボトルにドリンクを入れて持ち歩くことも忘れません。例え回数百円でもひと月単位で考えると適切額になります。
ちなみに午前にお弁当を1から取るのは困難ので、前日の夕飯の残りや休みに作っておいた自家製の冷凍食物を使用し、簡単にお弁当を作っていらっしゃる。
こんな身の回りを通年続けて自分は60万円ほど蓄えることが出来たのです。
私のサラリーを考えると60万円はまったく大枚で、減額を意識しなければこういう幾分も貯められなかったと思います。
皆さんもお金を使わない太陽を作り上げることをおすすめします。

自分の将来に不安を感じて始めた貯蓄

私は元々、お金があればあるだけ使ってしまい、貯蓄するということがなかなかできない人間でした。

ただ、社会の情勢を見て、私達は現実的に年金は貰えないんじゃないか、と、老後に対して不安を感じるようになりました。

そこで国民年金に頼るだけではなく、自分でもちゃんと月々貯蓄をしなくては、と思い始めました。

初めに実践したのは、まず口座を一つ増やして、貯蓄用の口座を作りました。

あればあるだけ使ってしまうので、毎月必要な経費を家計簿のアプリで計算して、余った分は給料が入ったその日のうちにその口座に入れるようにしました。

また、簡単に引き出してしまわないようにその通帳とカードは持ち運ばないように心がけました。

また、家計簿アプリを使ったことで、自分は外食に多くお金を費やしていることに気付きました。

そのため、作りおきをして家で食べるように心がけると、経費を大分抑えることができて、その分も貯蓄に回せるようになりました。料理の腕も上がったので一石二鳥です。

でもずっと我慢していると続けられないので、月に一回自分へのごほうびとして、美味しいものを食べに行く、という生活を続けています。

ズボラな私ですが、これからも継続して貯めていきます。