会社員の日々の小さな節約について

私は20代後半の会社員です。まだまだ安定した収入ではないので、日々節約をして生活しています。

そんな節約方法とは、「ご飯はまとめて炊いて冷凍保存」「魚や肉は特売日に買って冷凍保存」「お風呂はシャワー」「電気はこまめに消す」「冷暖房は必要最低限」「外食は月に1回」など小さな事に気をつけています。もともと趣味が貯金をすることなので、節約をすることは苦痛ではありません。目標の貯金額を設定して、その金額以下にならないように生活しています。

そして、ローン支払いは絶対しないようにしています。絶対的な現金主義で、無駄な利息を支払うのが馬鹿馬鹿しいと思ってしまいます。なので、携帯電話も車も一括支払いで購入しました。携帯電話は格安スマホを購入して本体代も安く抑えました。月々の使用料は約1,600円程度で、不便なく生活出来ています。車は新古車の軽自動車を購入しました。車を購入してから6年経ちますが、今でも問題なく走っています。

どんな物を購入するにしても、自分の収入に合った物を買うことが節約になると思っています。ローン支払いをするという時点で、自分の身の丈に合っていない買い物だと思っているので今後もこの考えは変わらないと思います。

貯蓄はシッカリ、生活は最低限。

まず「何のために貯蓄をするのか」と言う、目的を持つ事が大切だと思います。

目的をシッカリ持つ事で、それを達成させやすくなるのではないのでしょうか。

「収支の余りを貯金する」と言う方法は、お勧めしません。

余りがなければ、貯金ができないからです。

収入から、自動的に天引きされて貯金される商品があります。

毎月の収支が、ある程度一定の方には、お勧めです。

しかし、毎月の収支の変動が大きい方は、少し苦しくなる可能性があります。

また、クレジットカードは、必要以上に作らない方が良いと思います。

最近では「入会金・年会費が無料」のものが増えてきています。

しかしながら、中には「初年度は年会費無料」のものもありますので、確認をしてみるのも必要です。

また「クレジットカードで支払いをすると、ポイントがたまる」と言うのが多いですが、管理をしっかりとしていないと、後で大変なことになります。

買い物も、必要な分だけ購入しましょう。

「特売」や「限定商品」と言う言葉に弱い人が多いですが、惑わされないように気をつけて下さい。

「本当に、それが必要なものか」と考えて、購入するようにすることです。

新聞や、インターネットで価格を比較する事ができるのであれば、いくつかの店舗価格を見比べて、買い物に行くようにしましょう。

しかし、財布の中には、大金は入れません。

大金を入れると、必要のない物までは購入してしまう可能性があります。

最低限のお金を持って、最低限の買い物をすることで、かなり節約ができると思います。