私に一番向いている、わざと頑張らない家計簿

我が家は私が43歳、旦那が41歳、子供9歳と2歳の4人家族です。
昨年家を新築しました。
1300万円貯蓄があったので800万の自己資金で2800万円の住宅ローン、3600万円のマイホームを手にすることができました。
だけど35年ローンなので、旦那の退職までに完済したいです。
あと20年余りしかないので、10年後に1000万円繰り上げ返済できるよう年100万円は最低でも貯蓄できるよう頑張っています。
私は一度決め事をすると頑張り過ぎて続かないのでほどほどにしています。
経験上、家計簿をつけだすとキッチリ一円狂わずつけたくなります(笑)もともとズボラな性格なので頑張ってみても疲れて続きません。
なので、すごくゆるい家計簿をつけています。
こんな私が気まぐれで記入するのでテキトーな月もすごく細かい月もありますが、要は年毎にどれだけ貯まったかが分かるだけでよいのです。
また、これも経験上ですが細かい家計簿をつけていると我が家の全財産をいつも把握できている状態で「今のところ順調だし少しぐらいなら使ってもいいか!」なんて気持ちにもなるので(私だけ?)あまり貯蓄には、よくない気がします。
今どれだけ残ってるんだろう…なんて少し不安がある方がドキドキして無駄遣いもできません(笑)私もテレビで見るスーパー主婦の方々みたく細かくガッチリになれたらいいのに…なんて思う日もありますが、ほんと人それぞれ個性があり、コツコツ頑張れる人もいれば、私のように頑張らない家計簿で丁度良い人もいます。
自分はこれでよいと思っていて、のんびりペースが一番効率が良いので満足しています。

特売だからと言って飛びつかず必要最低限+αでとどめておく事

今まで私は特売だからと言ってトイレットペーパー12ロール入りをまとめて10個購入したり、柔軟剤や洗剤なども最低10個ストックしたり、何かと大量保管をしていました。

消耗品に限らずスーパーで赤札になると使う使わないは別にして取りあえず購入し冷凍保存したりしていたのですが、あまりにも購入しすぎだろうと自覚しはじめ何とかしようと一念発起しました。

特売や赤札での大量購入は、「いつもより安く買っているのだから」と罪悪感が全くなかったのが原因ですね。

しかしいざ振り返ってみると、赤札で購入したお肉などは冷凍保存しているとはいえ1か月前のものが残っていたり、トイレットペーパーでもせっかく香り付きを購入したのに使おうとすると香りが薄まっていたり、なんとなく残念な使い方をしていることに気が付きました。

そこで一度ストックを減らすところから始めようと決心しました。

手始めに赤札のお肉は1週間以内に使えなさそうであれば購入しない事から始めると、きちんと食べきれて冷凍庫内もすっきりしました。

たまに定価でお肉を購入する事になってしまうこともありますが、それはそれで「新鮮なお肉が食べられるから」と納得させています。

一番大きな節約になったのは、台所周りの油汚れ用の洗剤や部屋の掃除用のスプレーを自分で作るようになったことです。

セスキ炭酸ソーダを水で薄めてスプレーボトルに詰めておけば油汚れもきれいに落ちるし、部屋の拭き掃除でももちろん使えます。床掃除もこのスプレーで十分にきれいになります。

今までは用途によって洗剤を購入していたのでボトルが何本もあり、いちいち使い分けなければならなかったのに今ではセスキ炭酸ソーダを購入するだけで1本で済みます。

保管場所もたくさんの洗剤から解放されてスッキリしています。

安いからと言って大量購入して保管するよりも、なんにでも使えるように工夫するだけで色々楽になりました。

買い物に行く時間も節約できるようになり、ゆったりできる時間も増えました。