自分の将来に不安を感じて始めた貯蓄

私は元々、お金があればあるだけ使ってしまい、貯蓄するということがなかなかできない人間でした。

ただ、社会の情勢を見て、私達は現実的に年金は貰えないんじゃないか、と、老後に対して不安を感じるようになりました。

そこで国民年金に頼るだけではなく、自分でもちゃんと月々貯蓄をしなくては、と思い始めました。

初めに実践したのは、まず口座を一つ増やして、貯蓄用の口座を作りました。

あればあるだけ使ってしまうので、毎月必要な経費を家計簿のアプリで計算して、余った分は給料が入ったその日のうちにその口座に入れるようにしました。

また、簡単に引き出してしまわないようにその通帳とカードは持ち運ばないように心がけました。

また、家計簿アプリを使ったことで、自分は外食に多くお金を費やしていることに気付きました。

そのため、作りおきをして家で食べるように心がけると、経費を大分抑えることができて、その分も貯蓄に回せるようになりました。料理の腕も上がったので一石二鳥です。

でもずっと我慢していると続けられないので、月に一回自分へのごほうびとして、美味しいものを食べに行く、という生活を続けています。

ズボラな私ですが、これからも継続して貯めていきます。

貯金は先にする?それとも後にする?

皆さんは貯金をどのようにしていますか?

給料が出たら、先に貯金しますか?それとも使わなかったお金を貯金しますか?

今回は私の体験談をもとに、どちらがお金が貯まるかを個人的に結論を出したいと思います。

私は今年6月に入籍し、結婚式を来年に控えているので結婚式費用を貯めるための、貯金をどうしていくか話し合いました。その時に私と夫の貯金方法がまるで正反対だったのでご紹介致します。

私の勤めている会社は財形貯蓄制度がないので、私は毎月給料が振り込まれたら給料日に定額を別口座へ必ず移すとルールを作り、貯金していました。なので給与口座の金額でクレジットカードの引き落としと生活費等のやりくりをしていました。

夫は財形貯蓄をしていますが、それは退職まで引き出すつもりはないそうなのでこれはないものとして考えます。夫は給与口座とクレジットカード引き落とし用の口座2つを持っています。給料が振り込まれると次回のクレジットカードの引き落とし分を別口座に移して、残った給与口座の金額で生活費に使い余った分はそのまま口座にステイ=貯金という方法を取っていました。

結論から言うと、私と夫の貯金額・・・私の方が夫より3倍の金額が貯まっていました。理由は簡単ですね、私は先に定額を別口座に移し無いものとして考えて過ごしているので強制的に定額がどんどん貯まっていくのです。反対に夫は例えば今月お金をあまり使わなくて給与口座にお金が残っていたとしても、次の月にお金を使いすぎたら残高が0円になることだってあるのです。

財形貯蓄の方式が、まず私のやり方と同じなのになぜ夫はこのやり方をやっていたのかは謎です。そして夫にはどちらのやり方でもいいよ、と言われましたが、夫のやり方で貯金が貯まっているのであれば私も別にどちらでもいいかなと思ったのですが、私の方が彼の3倍貯まっていたので有無を言わさず私のやり方で、そして私が管理するようになりました。

貯金はやろうと思わないと貯まらないと思うので、生活に無理が出ない程度の少額でもコツコツ貯めれば貯まっていくので、オススメです!