元銀行員は見た!貯金にお金を捧げる女!

節約はいいことだと思います。必要無いものは買わない。必要以上に持ち物を増やさないで、管理出来る範囲で持つ。上質なものを丁寧に永く使うことは、品性を高めると思います。

ただ、巷で流行る「節約」は、とにかく現金を「ケチる」事に重きを置いている気がします。とにかく安く買う!買う時はポイントがたくさん付く日や、セールの日のみ!安く済ませられるものは安いものを求めてチラシをチェックして遠くのスーパーまでわざわざ移動したりしてとにかく安く抑える!時間や健康という「お金では買えないもの」には重きを置かないんですね。

銀行員をしていた頃、ある定期性商品は書き換えといって一旦解約してから預け直すと少しだけ金利がお得になるものでした。それを狙ってわざわざ「預け換え」を毎月行う女性がいました。年の頃は恐らく当時の私と同じくらいだとおもうのですが、どうもそうは見えませんでした。彼女は少しでも高い金利の定期商品が欲しいあまりに過度の節約をしていたようで、自分の身なりに無頓着だったのです。多分少し良いスキンケアも少しだけオシャレで生地や仕立ての良い服も「無駄遣い」と考えたのかも知れません。

銀行は破綻します。金利は下がる一方だし、物価は日々上がります。今多額の貯金をしていたとしても、数年後同じ貨幣価値があるとは限らないのです。

だから、自分を犠牲にしてまで節約に勤しむよりは多少お金を使って経済を回したほうが良いのになぁと、あの女性のしわくちゃの笑顔を思い出すたびに思うのです。

貯金は先にする?それとも後にする?

皆さんは貯金をどのようにしていますか?

給料が出たら、先に貯金しますか?それとも使わなかったお金を貯金しますか?

今回は私の体験談をもとに、どちらがお金が貯まるかを個人的に結論を出したいと思います。

私は今年6月に入籍し、結婚式を来年に控えているので結婚式費用を貯めるための、貯金をどうしていくか話し合いました。その時に私と夫の貯金方法がまるで正反対だったのでご紹介致します。

私の勤めている会社は財形貯蓄制度がないので、私は毎月給料が振り込まれたら給料日に定額を別口座へ必ず移すとルールを作り、貯金していました。なので給与口座の金額でクレジットカードの引き落としと生活費等のやりくりをしていました。

夫は財形貯蓄をしていますが、それは退職まで引き出すつもりはないそうなのでこれはないものとして考えます。夫は給与口座とクレジットカード引き落とし用の口座2つを持っています。給料が振り込まれると次回のクレジットカードの引き落とし分を別口座に移して、残った給与口座の金額で生活費に使い余った分はそのまま口座にステイ=貯金という方法を取っていました。

結論から言うと、私と夫の貯金額・・・私の方が夫より3倍の金額が貯まっていました。理由は簡単ですね、私は先に定額を別口座に移し無いものとして考えて過ごしているので強制的に定額がどんどん貯まっていくのです。反対に夫は例えば今月お金をあまり使わなくて給与口座にお金が残っていたとしても、次の月にお金を使いすぎたら残高が0円になることだってあるのです。

財形貯蓄の方式が、まず私のやり方と同じなのになぜ夫はこのやり方をやっていたのかは謎です。そして夫にはどちらのやり方でもいいよ、と言われましたが、夫のやり方で貯金が貯まっているのであれば私も別にどちらでもいいかなと思ったのですが、私の方が彼の3倍貯まっていたので有無を言わさず私のやり方で、そして私が管理するようになりました。

貯金はやろうと思わないと貯まらないと思うので、生活に無理が出ない程度の少額でもコツコツ貯めれば貯まっていくので、オススメです!

小さな日々の積み重ねで、少しずつでも節約&貯金への道!

出費を抑えて貯金をしよう、収入を増やして貯蓄を貯めようと思う人は多いでしょう。もちろん資産は少ないより、多いほうがいいですよね。将来に向けて安心ですし、急な出費やお買い物にも安心していられます。それでも、日々働いて得られる収入では、生活費で手一杯という人が大半なのではないでしょうか。毎日身を粉にして働く分、身体をいたわったり趣味や息抜きにもお金を使いたいですよね。そうなると、「いざ貯金!」と取り置ける程の予算は難しいでしょう。

満足な生活も日々の楽しみも我慢せず、貯金を進めるにはどうしたら良いか?その問題は、「日々の小さな節約術」が叶えてくれます。大額な貯蓄や劇的な節約は難しくても、小さくても着実な習慣を付けることができます。

例えば「コンビニで飲み物を買わない」。コンビニで買えるジュースや炭酸飲料は、スーパーやディスカウントストアで安く売っています。お休みの日など時間に余裕のあるときに、買いだめしておくのはどうでしょう。

ネット通販なども上手く使えば、格安で配達してもらえることもあります。お茶やコーヒーは、ほんの数分の手間と時間で用意できるでしょう。素材とマイタンブラーを用意しておいて、毎日10分だけ早く起きる努力をすれば、毎日の飲料の出費を大幅に抑えられます。

節約しなければ、貯蓄を進めねばと気負わずとも、小さな心掛けで着実な一歩を進めることができますよ。

日々の貯蓄はできなくてもチャンスを見逃さない

昨今、どこに預けても金利は低いし、その上、銀行の手数料やカードローンなどを使うとかなり手数料が取られるし、本当に貯蓄するのは厳しい時代ですよね。しかし、チャンスがあれば見逃さずに貯蓄をしないとと思っているのが常でしょう。

私は日々の生活で少しずつ貯蓄することが難しい状況なので、国債発行時に銀行や証券会社がキャンペーンをしているときに国債を購入し、そのキャンペーンでもらえる現金を貯蓄としています。例えば、100万円を国債購入に充てれば、1万円キャッシュバックなどといったような制度です。普通に銀行でお金を置いたままにしていたとしても年間1000円にも満たない利息がつくくらいなので、それに比べたらこれを活用することは一種の貯蓄につながるのではないでしょうか。もちろん、一定期間は引き出しが不可となる条件がありますが。

また、見落としがちですが、銀行によっては1年に何度か地域限定やある対象者限定などの金利アップキャンペーンやキャッシュバックというようなものを実施していることがあります。私は、少しでも預けられるお金があれば、このタイミングを見逃さないようにしお金を預け入れます。

とにかく、日々の貯蓄はなかなか難しいかもしれませんが、貯蓄先のまめな入れ替えや、まとまって入ってきたお金をキャンペーン利用でうまく生かす、ことが私なりの貯蓄法です。

不景気でも悲観的にならないように

昔は金融機関へお金を預けることが楽しみでした。
当時、お給料は手渡しで頂いていて、そのお金を持って金融機関へ行くのが私の楽しみのひとつでした。
金融機関へお金を預けると丁寧に対応してもらえましたし粗品を頂くことも度々あって嬉しかったですよ。

なんと言っても汗水流して働いたお金を金融機関まで持っていくときの気分が良かったですね・・・。
「通帳の数字がまた増える」と思うだけでにやけてしまったほどです。
当時は今では想像ができないくらい金融機関にお金を預けると利息がついていたのです。
お金を預ければ預けるだけ自分のお金に利息が付いて更にお金は増えてきます。
だからお金を預けることが本当に楽しかったのです。

現在は日本が不景気になり金融機関へ大事なお金を預けることに興味も関心もなくなりました。
お金を預けても得しないからタンス預金しておく方が良いとさえ思うほどです。
こんな風に金融機関へあれこれ期待することはできなくなったので日々の節約は大切ですよ・・・。
ニンジンひとつパン一袋買うのだってよく考えながら悩みながらという生活です。

ただ、こういう生活をしているのは自分だけではないので前向きに考えて悲観的にならないようにしています。

小さなことからコツコツと節約します

人様からみたら本当に小さなことです。私の節約のモットーは「一円に笑う者は一円に泣く」です。まず光熱費から、まず電気代です。電気代は人がいない部屋は何があっても電気を消すです。空調は,夏は「部屋を閉め切ります。」家族が必ず一部屋にいるときにつけます。これが分散して一部屋ごとにつけると電気代が跳ね上がります。多少のことは我慢して暑い夏は我慢します。エアコンの節電料金は大きいです。次に水道代です。洗濯はまとめてします。少しずつ一週間に何回もすると水の無駄遣いになります。食器洗いも工夫しています。洗剤の入らないスポンジを百均で買って使います。流す水代は節約できます。風呂の残り湯で洗濯することは洗濯機によくなく洗濯機の寿命が縮むということを電気器具点で聞いています。風呂の残り湯では手洗いできる小間物を洗います。家族が続けて入浴できない時は、風呂蓋(DIY店)で簡単な軽いもの(やすいです)銀のカバーが貼ってるものを使います。普通の風呂蓋より保存性に優れています。追い炊きも減ります。小さいことですが、気がついた無駄をしっかりと見て,気づき、こまめに節約する様にしています。まだまだ上記したいがいにも節約できる光熱費があると思います。これからも小さいことからコツコツと節約していきたいです。大きい意味では地球のエコにも役立つと信じています。

楽な気が付いたらしている節約と楽にたまる貯金方法

“節約・・・それは主婦の永遠の課題です。節約というと毎日ケチケチマイナスなイメージですが、考え方を変えればとても楽しいものになりますよ。
まず食費の節約をしなくっちゃと考える人が多いですが、家族のいる人は外食に占める食費の割合が多くなると思います。
週末、土曜日と日曜日のどちらか1日をお弁当を持って外食しない日を作るのです。

ついショッピングモールなどに家族で行って、フードコートで食事、子供はおもちゃコーナーでこれがほしいあれがほしいと喧嘩、、不満に終わり、、、結局お金を使い、不満も出ると思います。
それをピクニックなど屋外での一日にければ子供は喜び、お弁当と飲み物でお金はかからず一石二鳥です。

そうすれば5000円が4回で月に2万円も貯蓄に回せるというわけです。あとは日常の買い物を控えめにすれば貯蓄も自然と増えていきます。
給与口座から自動的に貯蓄口座へ天引きされるシステムにすれば月に決まった金額を貯蓄することができます。うちはこういった感じで年に100万円以上はためています。
給与が出たら決まった金額をおろし、家計簿はそんなに気にせず使っていても自然と貯まります。自分の洋服などはなるべくシーズンのバーゲンで買うようにして定価では求めません。
これからもこういった生活で節約していきましょう!!”

貯蓄目的で加入する定額個人年金保険のメリットとデメリット

貯蓄を目的として定額個人年金保険に加入しました。これは、保険会社で扱っている保険商品ですが、ケガや病気で入院した場合でも保険金は受け取れません。単にお金を預け、長い期間をかけて保険会社に運用してもらい、その後で銀行よりは有利な金利を得ようとする目的で加入したのです。

一般に利息を得るためにお金を預ける先といえば銀行ですが、銀行より10倍以上も金利が高いことが魅力でした。また、運用リスクが小さいことも魅力です。例えば株式や債券に投資するほうが多くのリターンを期待できますが、収益が得られる保証がなく、元本割れするリスクも大きいのです。これでは多額の資金を安心して預けられません。定額個人年金保険であれば大きな収益は期待できないものの、保険会社によって堅実な運用がなされますので、安心して長期に渡ってお金を預けておくことができます。

ただ、デメリットもありました。それは主に、契約費用が高いことです。銀行よりずっと高い金利は付きますが、銀行と違い契約直後に契約費用が差し引かれます。つまり、契約後3~4年以内に解約すると、元本割れをしてしまう恐れがあるのです。銀行の定期預金は途中解約しても元本割れすることはないので、それに比べればリスクでしょう。ですが、そもそも私は数年以内に解約しないつもりでしたので、トータルで考えれば有利と判断し契約することに決めたのです。

会社員の日々の小さな節約について

私は20代後半の会社員です。まだまだ安定した収入ではないので、日々節約をして生活しています。

そんな節約方法とは、「ご飯はまとめて炊いて冷凍保存」「魚や肉は特売日に買って冷凍保存」「お風呂はシャワー」「電気はこまめに消す」「冷暖房は必要最低限」「外食は月に1回」など小さな事に気をつけています。もともと趣味が貯金をすることなので、節約をすることは苦痛ではありません。目標の貯金額を設定して、その金額以下にならないように生活しています。

そして、ローン支払いは絶対しないようにしています。絶対的な現金主義で、無駄な利息を支払うのが馬鹿馬鹿しいと思ってしまいます。なので、携帯電話も車も一括支払いで購入しました。携帯電話は格安スマホを購入して本体代も安く抑えました。月々の使用料は約1,600円程度で、不便なく生活出来ています。車は新古車の軽自動車を購入しました。車を購入してから6年経ちますが、今でも問題なく走っています。

どんな物を購入するにしても、自分の収入に合った物を買うことが節約になると思っています。ローン支払いをするという時点で、自分の身の丈に合っていない買い物だと思っているので今後もこの考えは変わらないと思います。

貯蓄はシッカリ、生活は最低限。

まず「何のために貯蓄をするのか」と言う、目的を持つ事が大切だと思います。

目的をシッカリ持つ事で、それを達成させやすくなるのではないのでしょうか。

「収支の余りを貯金する」と言う方法は、お勧めしません。

余りがなければ、貯金ができないからです。

収入から、自動的に天引きされて貯金される商品があります。

毎月の収支が、ある程度一定の方には、お勧めです。

しかし、毎月の収支の変動が大きい方は、少し苦しくなる可能性があります。

また、クレジットカードは、必要以上に作らない方が良いと思います。

最近では「入会金・年会費が無料」のものが増えてきています。

しかしながら、中には「初年度は年会費無料」のものもありますので、確認をしてみるのも必要です。

また「クレジットカードで支払いをすると、ポイントがたまる」と言うのが多いですが、管理をしっかりとしていないと、後で大変なことになります。

買い物も、必要な分だけ購入しましょう。

「特売」や「限定商品」と言う言葉に弱い人が多いですが、惑わされないように気をつけて下さい。

「本当に、それが必要なものか」と考えて、購入するようにすることです。

新聞や、インターネットで価格を比較する事ができるのであれば、いくつかの店舗価格を見比べて、買い物に行くようにしましょう。

しかし、財布の中には、大金は入れません。

大金を入れると、必要のない物までは購入してしまう可能性があります。

最低限のお金を持って、最低限の買い物をすることで、かなり節約ができると思います。