貯蓄はシッカリ、生活は最低限。

まず「何のために貯蓄をするのか」と言う、目的を持つ事が大切だと思います。

目的をシッカリ持つ事で、それを達成させやすくなるのではないのでしょうか。

「収支の余りを貯金する」と言う方法は、お勧めしません。

余りがなければ、貯金ができないからです。

収入から、自動的に天引きされて貯金される商品があります。

毎月の収支が、ある程度一定の方には、お勧めです。

しかし、毎月の収支の変動が大きい方は、少し苦しくなる可能性があります。

また、クレジットカードは、必要以上に作らない方が良いと思います。

最近では「入会金・年会費が無料」のものが増えてきています。

しかしながら、中には「初年度は年会費無料」のものもありますので、確認をしてみるのも必要です。

また「クレジットカードで支払いをすると、ポイントがたまる」と言うのが多いですが、管理をしっかりとしていないと、後で大変なことになります。

買い物も、必要な分だけ購入しましょう。

「特売」や「限定商品」と言う言葉に弱い人が多いですが、惑わされないように気をつけて下さい。

「本当に、それが必要なものか」と考えて、購入するようにすることです。

新聞や、インターネットで価格を比較する事ができるのであれば、いくつかの店舗価格を見比べて、買い物に行くようにしましょう。

しかし、財布の中には、大金は入れません。

大金を入れると、必要のない物までは購入してしまう可能性があります。

最低限のお金を持って、最低限の買い物をすることで、かなり節約ができると思います。