秋冬の季節の節約生活は賢くしましょう。

今の時代の洗濯機は、ドラム式洗濯乾燥機とか乾燥機機能が付いてる洗濯機が主流ですが、中には全自動洗濯機で乾燥機が付いてない物もありますね。

今回は乾燥機付き洗濯機とそうでない乾燥機機能が付いてない普通の全自動洗濯機のこの時期ならではの節約術を教えます。

まずはドラム式洗濯乾燥機ですが、この場合洗濯から乾燥まで一気にやるので時間が掛かります。

ですので夜中にやるのがいいですね。少なくとも夜23時以降にやりましょう。

なぜなら夜23時以降は電気代が安いので、電気代が安いときに何もしないわけにはいきません。

ですが、夜23時以降なんて生活環境によってはできない人も中にはいるでしょう。

例えば夜早く寝る人なんかは夜の23時以降に洗濯するなんて無理な話です。

そういうときは洗濯機のタイマー機能を利用しましょう。

タイマーをセットしておけばあとは洗濯機が勝手にやってくれます。

そして次に全自動洗濯機の場合ですが、これは洗濯物を干すときの節約術です。

これから暖房を点けることが多くなってきます。

ですので暖房点けてる部屋の天井につっかえ棒を張ってそれに洗濯物を干すとか、暖房効いてる部屋にハンガーでシャツを干すとか何かしらの工夫をして暖房を利用して洗濯物を乾燥させましょう。

上手くやれば少しは節約生活になりますので、これから寒くなり暖房を使う機会がありますので上手く利用しましょう。