自分の将来に不安を感じて始めた貯蓄

私は元々、お金があればあるだけ使ってしまい、貯蓄するということがなかなかできない人間でした。

ただ、社会の情勢を見て、私達は現実的に年金は貰えないんじゃないか、と、老後に対して不安を感じるようになりました。

そこで国民年金に頼るだけではなく、自分でもちゃんと月々貯蓄をしなくては、と思い始めました。

初めに実践したのは、まず口座を一つ増やして、貯蓄用の口座を作りました。

あればあるだけ使ってしまうので、毎月必要な経費を家計簿のアプリで計算して、余った分は給料が入ったその日のうちにその口座に入れるようにしました。

また、簡単に引き出してしまわないようにその通帳とカードは持ち運ばないように心がけました。

また、家計簿アプリを使ったことで、自分は外食に多くお金を費やしていることに気付きました。

そのため、作りおきをして家で食べるように心がけると、経費を大分抑えることができて、その分も貯蓄に回せるようになりました。料理の腕も上がったので一石二鳥です。

でもずっと我慢していると続けられないので、月に一回自分へのごほうびとして、美味しいものを食べに行く、という生活を続けています。

ズボラな私ですが、これからも継続して貯めていきます。